ルポの歴史

「コモドルポ」のこと、もっと伝えたい・・・
オーナーの多田羅崇が当店のこれまでの歩みをご紹介します。

「コモドルポ」のオープンは2009年6月です。オープンのきっかけについて教えてください。

私は15歳からこの業界に入り、多店舗展開している大手サロンで17年間勤務していました。
多い時には1日に20人のお客さまの施術をさせていただくような繁忙店でしたので、日々のサロンワークに追われて自分自身が疲れてしまい、「お客さまにリラックスしてもらえただろうか」「癒しの空間を提供することができただろうか」と疑問や葛藤が湧いてきたことがきっかけです。

店名の「コモドルポ」にはどんな思いが込められているのですか?

木の温かさと植物の緑を多く取り入れたアンティーク調の店内で、お客さまとマンツーマンで向き合いゆったりと過ごしていただきたいと思い、「ゆったりとした休日」という意味を持つ「comodo rupo(コモドルポ)」と名づけました。

オープンされてからはいかがでしたか?

おかげさまで順調な滑り出しでした。スタッフは一時期、私を入れて4人になったこともありましたが、2011年夏、2013年春と福岡市などで経験を積んだスタイリストを迎え、現在に至ります。

様々なコンテストにも出場され、ハワイでの優勝経験もお持ちなのですね。

はい。2012年にハワイで現地のフラダンサーをモデルにした「Hula Beauty in HAWAII 2012」に初出場し、優勝という快挙を成し遂げました。最近では、一番大きな出来事でしたね。これからも積極的にコンテストには出場できればと思っています。

スタッフさんが非常に良くまとまっているように感じます。

ありがとうございます。当店では、普段からチームワークの良さを大切にしています。オープン当初から毎週2日、オープン数時間前から全員でレッスンを継続して行っています。定休日には積極的に山口県内、九州全土へ講習に出かけ、常にトレンドと最新技術をご提供できるようにしています。

これからも楽しみですね。

そうですね。これからも色々と新しく楽しいことができればと思っているところです。写真館や衣装店などとも提携し、ブライダルにも力を入れていくところです。「ゆったりとした休日」を当店でお過ごしいただければと思います。

interviewer:NETWAYS Co.,Ltd.
July, 2013